対策

産後にフケが発生する原因と対策方法が知りたい

産後にフケが増えたと感じる人は多いです。

それまでフケを気にしたことがなかった人も、出産後にフケや頭皮のかゆみ、抜け毛などのヘアトラブルに悩まされる事はよくあります。

育児の忙しさでなかなか自分のお手入れに時間をかけられないけど、フケは不潔感がでてしまうので何とかしたいですよね。

そこで今回は、産後にフケや頭皮のかゆみが増える原因と対策方法についてご紹介したいと思います!

産後のフケは3つのタイプがある

産後によくなるフケには大きく分けて、3つの種類があります。

今現在、フケで悩んでいるかたは自分がどのタイプのフケなのか考えてみて下さい。

皮脂によるフケ

頭皮から分泌される皮脂が増えて、皮脂腺が詰まったときに発生します。

触るとベタベタしており、髪の毛にこびりつきやすいです。

乾燥によるフケ

頭皮が非常に乾燥した場合に見られます。

白い粉状や、小さなかたまりになります。

乾燥しているので頭皮からパラパラとはがれ落ち、肩などに白いフケがたくさん乗っていることがあります。

脂漏性皮膚炎によるフケ

フケの周囲が赤くなっていたり、はがれたフケがたまっていたりする場合、脂漏性皮膚炎という炎症の可能性があります。

脂漏性皮膚炎の場合は、皮膚科で受診することをおすすめします。

産後にフケが発生する原因は?

産後にフケが発生する原因はいくつかあります。

ホルモンバランスの乱れで肌バリア機能が低下

産後はホルモンバランスが乱れているので、ちょっとしたことでも肌荒れの原因に繋がります。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンが増加していますが、出産後は急激に減少し、正常の量に戻ろうとします。

その不安定さから産後のフケが出やすいといわれています。

シャンプーの時間が短い・雑になる

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるとどうしてもしてしまいがちな、シャンプー時間の短縮。

赤ちゃんと一緒だと、どうしても、ママが自分の体を洗ったり、シャンプーにかける時間は短くなります。

ゆっくり時間を掛けて丁寧に洗いたくても、赤ちゃんが気になって丁寧に洗えない。

結果として、汚れが残ってしまい、フケが増えるのです。

シャンプーの刺激が強い

出産前と同じ、洗浄力が強いシャンプーを使っていませんか?

市販のほとんどのシャンプーは、刺激が強すぎます。

泡立ちや香りが良く、洗浄力も強い。

髪に良いように感じますが、頭皮を乾燥や刺激から守ってくれる皮脂も洗い流してしまいます。

その結果、頭皮が無防備の状態になってしまい、頭皮が乾燥、フケの発生へと繋がります。

今までは市販のシャンプーで平気だった人も、産後のデリケートな時期だけはアミノ酸系シャンプーを使う事をおすすめします。

なぜ市販のシャンプーは産後に良くないの?

本来、シャンプーは毛髪・頭皮の汚れを落とす為のものなので、汚れを洗い流すために洗浄成分が配合されています。

市販のシャンプーでラウリス硫酸Naラウレス硫酸Naという成分が、シャンプーの成分表記の上位2~5番目にあったら要注意です。

この洗浄成分は洗浄力が非常に強いので、頭皮に必要な皮脂などの油分まで強制的に洗い流してしまう可能性があります。

特に、妊娠中・産後の女性の体はとても敏感なので、刺激の強いシャンプーを使用していると、フケやかゆみ、抜け毛、薄毛が進行しかねません。

その他にも、普通のシャンプーに含まれている産後に避けるべき成分はこのような成分です。

  • シリコン
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • パラベン

産後のフケ対策はシャンプーを変えるだけ!

ではどの様なシャンプーにしたら良いのでしょうか?

今まで使っていた市販のシャンプーはお休みし、産後約1年は毛髪・頭皮に低刺激なアミノ酸系シャンプーを使う様にしましょう。

アミノ酸系シャンプーのメリット

  • 頭皮への刺激を最小限に抑えて洗える
  • 頭皮の皮脂を落とし過ぎず、必要な潤いを残して洗浄できる
  • 保湿効果が高い

アミノ酸系シャンプーのメリットは、頭皮への刺激を最小限に抑えて洗える事です。

適度な洗浄力なので、頭皮の皮脂を落とし過ぎず、頭皮に必要な潤いを残して洗浄することができます。

保湿効果が高いのもアミノ酸系シャンプーの特徴で、頭皮環境の改善も期待できます。

産後ママに人気のアミノ酸系シャンプーランキング