対策

産後の抜け毛は前髪がツンツンで悲惨?みんなどう隠してる?

出産が終わって落ち着いた頃に始まってしまう産後の抜け毛。

その中でも前髪が一番目立つのが前髪の抜け毛じゃないでしょうか?

これに関しては、元々毛量が多いママにとっても悩みの種になるんです。

どの様な事態が起きるのか、対策はあるのかご説明します!

前髪が特に抜けやすいってホント?

実は答えはNOです。

妊娠後期はエストロゲンという女性ホルモンが多く分泌されるので、髪が抜けにくいと言われています。

その後出産を経て、エストロゲンが減少すると、今まで抜けていなかった髪が一斉に抜け出します。

全体的に抜けるので、決して前髪だけが減るわけではありません。

しかし、前髪をわけていたり、生え際が見えるような髪型にしていると目立ち、前髪ばかりが抜けている様に感じてしまうのです。

前髪の抜け毛で悩むママは多い

前髪は顔を正面から見た時に必ず目に入るので目立ちやすい部分ですよね。

頭皮が透けて見えてしまったり、新しい髪がチクチクと生えてきてしまったり。

まるでライオンのたてがみの様。(何も対策していなかった1人目出産後半年頃の私です・・・。)

正直抜けた後の生え始めの期間の方が辛い、という意見も多数ありました。

酷いママは今までの前髪と、新しい前髪とが二段に分かれて見える事もあるんだとか。

前髪を降ろして、分け目を目立たせない髪型にしてこの期間を切り抜けましょう!

前髪ツンツン期におすすめのヘアアレンジ

前髪が伸び始めてツンツンになってしまったら、どのように隠すのが正解でしょうか。

みんなの対策方法をまとめてみました!

  • 前髪を多めに作る
  • 前髪をピンで留めてワックスで固める
  • ヘアアイテムをつけてツンツン部分から目線をそらさせる
  • 前髪ウィッグをつける
  • いっそ帽子をかぶっちゃう

産後の抜け毛から慢性的薄毛に移行する?

『結局生えてくるなら放置すればいいんじゃないの?』

というママもいると思います。

たしかに、前髪が段々畑の様に分かれてしまっても耐えられる方はそれでもいいかもしれません。

しかし、そんな悠長な事は言っていられないかもしれません。

それは、産後にホルモンバランスが崩れて髪が抜け落ちてから、一向に新しい髪が生えてこないママがいるからです。

産後一年以上経っても回復していない場合は、慢性的な薄毛に移行する可能性が高いです。

ではそうならない為にはどうしたらいいのでしょうか?

それは以下のポイントを抑える事が重要です。

  • 頭皮に充分な栄養補給と女性ホルモンのケアをすること
  • 頭皮の血流を促す

気づいたら今すぐケアを

薄毛に移行させないためには、抜け毛対策専用のアミノ酸シャンプーを使うのが大切です。

産後のデリケートな頭皮・毛髪には、アミノ酸系洗浄成分という毛髪・頭皮に低刺激な洗浄成分を使用しているシャンプーを選びましょう。

アミノ酸シャンプーの特徴
  • 頭皮への刺激を最小限に抑えて洗える
  • 頭皮の皮脂を落とし過ぎず、必要な潤いを残して洗浄できる
  • 保湿効果が高い

アミノ酸系シャンプーの最大のメリットは、頭皮への刺激を最小限に抑えて洗える事です。

適度な洗浄力なので、頭皮の皮脂を落とし過ぎず、頭皮に必要な潤いを残して洗浄することができます。

保湿効果が高いのもアミノ酸系シャンプーの特徴で、頭皮環境の改善も期待できます。

とは言え、アミノ酸シャンプーといってもたくさんあり、どれが産後にいいのか分かりません。

ですが、女性ホルモンの低下に対抗するソイセラムを配合しているシャンプーはひとつしかないんです。

スカルプDボーテというシャンプーです。

不足する女性ホルモンと栄養を頭皮にダイレクトに届けてくれるんです。

『なんとしてでも抜け毛を止めたい』

『薄毛に移行したくない!』

というママから高い支持を得ています。

詳しくはこちらからご覧ください。

詳細ページ